活躍の場が広がっています|リンパマッサージのスクールで身に付く職人技|極まった技術
女の人

リンパマッサージのスクールで身に付く職人技|極まった技術

このエントリーをはてなブックマークに追加

活躍の場が広がっています

男の人

戦国時代の武術が起源

手技などを用いて骨折や脱臼、ねん挫などの怪我を治す「柔道整復師」という職業です。国家資格であり、様々な施設で活躍できます。柔道整復師が用いている治療法は「柔道整復術」と呼ばれ、戦国時代の武術を起源としています。その中の一つ、傷を治癒する「活法」が現在の柔道整復術に発展したとされています。柔道整復師は「整復法」「固定法」「後療法」の3つの治療法を用います。整復法とは手を用いて患部を元の状態に戻す治療法で、肩などの関節が外れた場合や骨折に用います。固定法とは骨折、脱臼した個所をギブスや包帯などを用いて固定して治す方法です。後療法は電気や熱を用いる物理療法、リハビリを行う運動療法、素手で治療を行う手技療法の3つに分けられます。手技療法は道具を一切使わない治療法で、柔道整復術の原点とされています。

医学的な知識が必要

柔道整復師になるためには、まず柔道整復師養成課程のある専門学校や大学に通う必要があります。そこで知識をつけたり実習を受けるとともに国家試験の受験資格を取得します。学校で必要な課程を修了し、年に1回実施される国家試験に合格すれば国家資格を得ることができます。試験内容は解剖学を中心に、医学的な知識が求められることが多いようです。試験に合格したいなら、普段からの学習を怠らないようにしましょう。就職してから役立つように実技もきちんと教えてくれる学校がおすすめです。就職先としては一般的には整骨院などが多いようです。しかし、最近はスポーツや医療関係の施設で活躍する方もいます。キャリアを積んだら独立開業してもいいでしょう。